HAL・GUARD         ハル・ガード  
 
HOME 会社案内 業務内容 Link集 お問い合わせ

消防用設備設計・施工・保守点検

消防用設備工事
居住者の生命,財産等を火災などの災害から守るため、
一定規模以上の建物などに設置する設備等をいう。
万が一火災が発生した際、 全消防設備が正常に作動し、
避難器具が使える状態に なっていないと大変です。
大切な財産・生命を守るために消防用設備工事はしっかりと行って下さい。


消防用設備・保守点検について
消防用設備等の点検・報告は防火対象物関係者の義務です。
消防用設備等を設置することが消防法で義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、その設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。
消防設備はいついかなる場合に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければならないので、日ごろの維持管理が十分に行われることが必要です。


消防用設備工事が必要な建物
1.消防用設備保守点検の結果、不具合や不良箇所が発見された防火対象物。
2.現在設置されている消防用設備が、何らかの問題があり消防法により失効になった防火対象物。
3.消防法改正により、既存の非常警報設備(非常ベル)から自動火災報知設備への変更工事が
 必要な防火対象物。
4.消防法改正により、避難器具の設置が必要になった防火対象物。
5.室内の間仕切り壁など設置をするなどの内装工事をし、感知器を追加設置する必要がある場合。
6.その他 消防署よりの指導により改修が必要な場合。

万が一こういう事態になる前に
早期発見、避難誘導方法を提案します。
株式会社 ハル・ガード

住所:堺市堺区神保3−6
TEL:072-223-9086
FAX:072-223-9248